KANTHAI DIARY

バンコクで学生をしながら、おもしろいことをやっていくことをモットーにやっています!!

普段使っている【言葉の力】のすごさ。。。

 

どれほどの言葉を死ぬまでに使うのだろう。。。

私たちは死ぬまでにどれほどの言葉を話すのだろうか。

 

急に疑問がわいた。

 

人が一生で話す言葉の数

人生でどれくらい言葉を使うのか

 

調べても出てこない。

 

まあ、そうだろうか。

当然人によって全く違うからな。。。

 

生まれてから死ぬまでどれくらいの言葉を使うのだろうか。

おそらくものすごい数だろう。

言葉の力。。。

普段から話す言葉には、どんな力があるのだろう。

 

調べれば調べるほど、言葉ってすごい力を秘めていた。

人を褒める。。。

最近もテレビでやっていた、50日間、かわいいと言い続けて人は変わるのかという実験。

 

調べたらすぐにわかるが、ものすごい変化だ。

 

かわいいと言い続けるだけで、ホントにすごくかわいくなったのだ。

 

かわいいと言われることで、さらにかわいいと言われたいという気持ちが働くみたい。

もっとかわいくなろう。かわいくなろう。

 

これってすごいよね。

 

今までの生活がかわいいね。とほめることで変わっていく。

 

大学1年生くらいの時かな、この話をどっかで聞いた私は、すれ違う人みんなにかわいいねって言っていた時期がある。

今考えるとめちゃめちゃ怪しい人だけど、もしかしたらかわいくなった人が増えたかもしれない。。。

人の悪口を。。。

逆にこういうのも聞いたことがある。

 

太っている人に太っていると伝えたら、さらに太るみたい。

 

おもしろい。

 

太っていると認識していても、他人から言われることによって、ストレスを抱えたり、

さらに意識して太ってしまうみたいだ。

 

ここまで聞くだけで、すでに言葉ってすごいと思っている人はたくさんいるだろう。

 

さらに加速しよう。

 

魔法の言葉。。。

見たことある人もいると思うが、

 

ある幼稚園では、卒園式に跳び箱をして卒業をする。

 

それで何回やっても飛べなかった子がいたんだ。

もうすごい泣いてて。

もうできない。

そんな感じだったろうね。

 

それで他の園児たちが何をしたかってのがおもしろい。

 

できる。できる。できる。

 

って叫んだんだ。

 

自分でも唱えただろう。

 

できる。できる。できる。

 

そしたら、ホントにできたんだよ!!

 

すごいよね。。。

 

何回飛んでもできなかった。

挑戦して挑戦して、あきらめなかった。

 

できる。できる。できる。

唱えた。

 

それでできた。

 

正直、これを見た時は鳥肌がたった。

 

言葉の力ってすごい。

 

普通に考えてみてよ、跳び箱飛ぶのって身体的な問題なんだよ。

それが言葉から力をもらって飛べる。

 

脳が働くのか、心が奮起されるのか。

 

とまあ、こういった言葉の力の話。

言葉の実験。。。

そして言葉を研究している人たちがした、面白い実験を紹介しよう。

 

言霊の力ってあるのか?というもの。

 

2つの同じ水を用意する。

 

その水に声をかけて、紙に書いて容器に貼る。

 

一つは、ありがとう、感謝の言葉を。

一つは、バカやろう、罵倒する言葉を。

 

そして、その水を凍らせて、結晶を検査。

 

すると、驚きの結果が!!

 

感謝の言葉のほうは、美しい形の結晶に。

罵倒した方は、特に形を作らない。

 

こんな結果になったんだ。

 

それで、研究者はみんな、言霊はあるって。いった。

 

さすがに信じちゃうよね、意識とかない水が反応したんだから。

 

だとしたら、人にしたら当然効果はあるだろう。

まとめ。。。

最後に。

 

ここまで読んで言葉の力はわかったと思う。

 

それで、言いたいことは、どうせ言葉を発するのだったら、いい言葉を使おう。ということ。

 

悪口を言う意味なんてない。

 

 

自分を奮起させる言葉を。

他人がうれしい言葉を。

 

未来にいい結果をもたらすだろう。

 

もし、壁にぶつかって悩んだら、言葉にしよう。

思いっきり、叫ぼう。

できる方向に脳が導いてくれるかもしれない。

信じてみよう、言葉の力。

 

できる。できる。できる。

 

でわ。